走る大福

足りない頭で考えます

連休

ストロング系を久々に飲んだが、必ず二日酔いになる。

 

 

新環境

 先日は転職した会社の初出社日だった。主にオリエンテーションや業務・業界に関する研修を受けていた。会社の印象としては人間関係でギスギスすることもなく、社内のIT化も進んでいるので紙の多さで四苦八苦することはなさそう。出張も前職が多すぎたので減ると思われる。一方で前職より忙しいので、メンタルと身体を適応させないといけない。また、覚えることも多くあるのでついていく必要がある。*1良いことも悪いこともあると思うが、今まで職を転々としてきてスキルも何も身につけていないので、何かしらを得ないまま辞めてしまうということは避けたい。

 小さい頃はレーシングドライバーに憧れていたし、大学生の頃は大学の専攻を何かしら活かせる仕事に就きたいと思っていたが、結局それらとは全く関わりもない人生を歩んできてしまった。26歳から後者へ軌道修正を行おうとしても、何年かかるか、大学院への進学や留学に行こうとすると幾らお金がかかるかといったことを考えると、悲しいがひとまず労働者として働いていくことが生きる上で最も現実的なんだろうな、と帰りの電車の中で考えていた。

 

気づき

 マッチングアプリをやめてからしばらくして、Twitterを眺めていると漫画が流れてきた。内容は「真面目で良い人だけど一緒にいても楽しくない人より、ゲスだけど一緒にいて楽しい人だと後者が良い」といった内容。

 ちくしょう~と漫画をパパっと見て思った反面、自分のダメな部分も再認識した。アプリでやり取りをしていた異性は私に対して「楽しくない」という感情を抱いていたのかもしれない。*2毎回質問することを心がけて、返信に関する反応も入れてはいたが、不十分だったのかもしれない。相手を楽しませる(?)ことに場数を踏んできた人たちより私が魅力的だと相手に思ってもらえるのは、かなり難しい。

 そもそも、私は真面目で良い人ではないが・・・

 アプリをやると心が消耗していくが、アプリをしないと心のどこかで焦っているように感じる。生活の一部になっていたのかもしれない。

 

連休

 ひとまず昼から酒を飲んだりアニメを見たりゲームをしたり本を読んだりして過ごしている。時々散歩や買い物に出る。クルマに乗る頻度は減ってしまった。数週間前に県内のダムへドライブへ行ったが、皆考えることは同じで普段の2倍は車やバイクが多かった。スマホの電波が届かない山道を走ることも多いが、事故を起こして病院へ行こうとしても病院にて満足な治療を受けられない可能性もあるので、極力乗らない方が良いのだろう。時々動かしているが・・・そろそろスパークプラグとエンジンオイルを買って、交換しないといけない。

 先日はグランツーリスモ4の耐久レースをプレイ。筑波サーキットを4時間走り続けるというレースで、ただただしんどかった。クルマ仲間とレンタルカートの耐久レースに出ることもあったが、1人ということもあり尚更だった。

 アニメはdアニメストアで見ている。昔はテレビで録画して見ていたが、録画することが億劫になった。見た作品は下記のとおり。

  • 蒼き流星SPTレイズナー(全話+OVA):OVAAmazonプライムビデオでレンタルして視聴。古代文明が出てくるのは高橋良輔監督ならではなのか。
  • おにいさまへ・・・(4話まで視聴):登場人物が個性的かつエネルギッシュでとても面白い。出崎統監督の3回パンもふんだんに使われている。
  • ガンバの冒険(1話のみ):頑張り屋のガンバを見習おうと思った。
  • あしたのジョー(1話のみ):2を見た後だったが、ジョーと段平の関係は出会った最初からあまり変わらないようだった。
  • 色づく世界の明日から(1話のみ):やっぱり男女の青春ものは苦手かもしれない。萌え。
  • へやキャン△(全話):萌え。
  • 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…:萌え。

 

おわり

 

*1:前職がぬるま湯のような環境だったことは否めない。

*2:私も楽しくなかったが・・・