走る大福

足りない頭で考えます

都会から逃げることを考える

 コロナ禍の世の中だが、労働の用事で2週間青森県に滞在している。青森県は行ったことがなく、どんなものかと心配ではあったが、車さえあればなんとかなる。天気は良くないが、海がきれい。マッチングアプリはやる気をなくした。なぜ自分がうまくいかないか、を真面目に考えてもフラストレーションだけが溜まるので、考えることをやめた。得るものより失うものが多い気もした。

 今回の出張で、どうせ孤独ならわざわざ東京近郊にいるよりも田舎にいたほうが良いのでは?と改めて考えている。東京近郊にいたところで、人は多いだけで仲の良い人がいるわけでもない。クルマ仲間はいるが、踏み込んだ話をする気にはならず表面的な話をしている。

 人が多いということはメリットでもあるのかもしれないが、それは人脈を広げたり人と仲良くなれることに長けている人にとってであり、そういったことが不得意な人にとっては何ら恩恵は少ないように感じる。マッチングアプリでたくさんの異性が表示されることはメリットの一つかもしれないが、可能性0という数字に大きな数字をかけても0のままなので、無意味だ。東京は地方と異なり孤独な人も受け入れてくれる(放っておいてくれる)街なのかもしれないが、私の孤独はどちらかと言えば不本意な形の孤独でもある。

 つらつらと書いたが、親密になれる人が一人もできない状況で多種多様な人間がたくさんいるところにいても、ただしんどいというだけのことだ。

 

 一方でそういったことを考えるときは大抵、気持ちが投げやりになっている時が多い。どうせ自分なんか誰も興味持たないからどうでもいいや、そんな感覚。本当にそれで地方に住んだところで自分の気持ちが晴れることもなく、悶々としながら歳を重ねていくのだろう。

 青森の出張終了後に結婚相談所の無料相談を受けることにした。自分の人生をどう進めるか見えていないため、結婚は考えられていないし、子どもを産んで育てたいという気持ちも薄いが、今のやり方に限界を感じた。自分が情けなく感じるが、恋人ができる他の人間と違って自分は異常なので、そうするしかないのかもしれない。とりあえず、入会はせずに話だけ聞く。

おわり

オタクは赤色の糸が視えるか

たまには実家に帰って犬に会いたかったが、都内の感染者数の増え方を見て断念した。親も年齢が年齢なので、万が一のことを考えると罪悪感がある。結局自分も人の少ないところを探してはふらふらとクルマで徘徊しているが、正しい行動かと言えば、そうではないのだろう。

続きを読む

自信のなさ

 

 

連休

 コロナがある程度収まっていたら、伊豆半島をクルマで回りたいと思っていたが、トンチキ雲隠れ政府のおかげで感染者もグングン増えて県外へと出ることも世間的に厳しくなったため、同じ県内の秩父を軽く走る程度で済ませた。牧場でアイスを食べ、鬼うどんを食べ、雨に打たれながら帰った。

 

tsurami-686.hatenablog.com

 

 他の日は家で過ごしたり、街中をクルマで徘徊して過ごした。

f:id:tsurami_686:20200726191153j:plain

 

自信のなさ

 前回の記事で今度こそマッチングアプリをやめようかと思っていたが、奇跡的(?)にも、とても良い人とマッチングして、メッセージのやり取りも続いている。

 相手は500いいね以上をもらう医学生であり、私にとっては高嶺の花のような人だが、メッセージでは私に対して積極的に質問をしてくれて、話も合う(と勝手に思っている・・・)ので、虚無のように感じていたメッセージがとても楽しく感じており、頑張って仲良くなれたら、と思っている。一方で、人気のある人という点やマッチングアプリを始めたきっかけは話し相手が欲しかったからという点を考えると、私が望む結果にはならないだろうなと感じている。

 今回、特に難儀に感じたのは自分の性格だった。自信がなくネガティブな性格のため、普段メッセージが届く時間帯に返事がないと「飽きられたのか」「やっぱり自分はダメなのか」という思考に陥ってしまう。実際は忙しいから後で返信しようとか、そういったことも可能性としてはあるはずなのに、真っ先にネガティブなことを考えてしまう。当然、相手にそういったことを伝えてはいけないので待つしかないが、心配になってしまう。今回の自分の心境を考慮すると、仮に人と付き合えたとしても自信のなさから人を束縛する人間になってしまうのではないかと感じてしまった。

 自信がないことはあまり人に迷惑をかけることでもない、と思っていたが、そうとは限らない。思い返せば、人と酒を飲むときに自虐ネタを挟んでは注意されることもあった。また、自信のなさは消極的な自分を生み、動いても成功体験がないのでますます自信のなさが強まっていく。元ホストのクルマ仲間に「お前は人のことを好きになったことないだろ」と言われて図星だったが、そもそも傷つきたくないので好きになる前に諦めて自分を誤魔化して行動していなかったので、成功・失敗の経験を積むこともないまま現在に至るのかもしれない。

 この人と仲良くなりたい、と思うこともできたが、一方で自分のイヤなところも見えてしまって月曜日を迎える。月曜日は休みだが。グフフ。(グフフではないが)

 

おわり

オタクはマッチングアプリの経験をブログ以外にフィードバックする機会がない

 モータースポーツはレースで培った技術を市販車にフィードバックする場だった。かつてアウディは各車輪のトルクを適切に分配し、パワーを無駄なく路面へ伝えるフルタイム4WDの機構を持つアウディ・クワトロをWRCに投入し、勝利を重ねていった。かつてパートタイム式で悪路を走る以外は使い勝手が良くないとされていた4WDだったが、クワトロの出現以降は他のメーカーも追随し様々な市販車にフィードバックされていった。

 

 

・・・

 私はアウディでもなければクワトロでもないが、マッチングアプリで得た経験や感想を他の人に伝えて、他の人の人生に何かしらフィードバックしようと、空虚なメッセージを異性に投げつけながら考えたのであった。

続きを読む