走る大福

足りない頭で考えます

二度三度あれば何度もある

ポヤチおすすめの曲

The ピーズ / 日本酒を飲んでいる

日本酒を飲んでいる, a song by The Pees on Spotify

play.google.com

 

 

有給消化

 現職を退職するまでの間の短い有給消化の期間に入った。会社都合で退職日を1ヶ月早められて労基署にゴーすることも考えたが、次の会社に掛け合って入社日を早めてもらったので結果オーライだった。

 次の会社から入社手続きの書類が届いたので提出するために準備しているが、改めて手続き関係は煩雑だと思った。マイナンバーの通知カードは紛失したが特に困らないので放置していたが、必要なので再発行を依頼した。届くのはしばらく先で間に合わないのでマイナンバー付きの住民票で許してもらいたい。

 準備以外はたいしたことをしていない。食事を作って食べ、PS2のハンコンをグルグル回し、ウイスキーを飲んで寝るという生産性のない生活をしている。数日前に「ご注文はうさぎですか??」OPの「ノーポイッ!」を聴いて「今日は明日に繋がるからポイッとしないで(要約)」という歌詞に感動したが、既に今日という一日をポイッと捨てた。そろそろ筋トレや勉強を再開して生産性があると錯覚する過ごし方をした方が精神衛生上良いかもしれない。

 ドライブ等の外出がしづらい点はフラストレーションが溜まるが、話し相手がいない点もしんどさを感じる。同居等で話し相手がいる人たちが羨ましく感じるが、ずっと一緒に過ごすのも疲れるのかもしれない。*1オンライン通話という文明の利器を使用すればいいのかもしれないが、通話する相手もいない。

マッチングアプリ

 またまた、やめてしまった。

 コロナウイルスで会おうにも会えないことや、異性とのメッセージのやり取り、異性を検索していいねを投げる作業、良いと思った人とは仲良くなれない点諸々に嫌気がさしてやめようか、と思っていた矢先にやり取りしていた異性がアプリを退会してプツンと糸が切れた。

 再び保有しているいいねを表示された異性に手当たり次第投げた。顔もプロフィール文も見ずに投げまくった。マッチング数は過去最多だった。やり取りする気も起きなかったため、そのまま退会した。自らの性格のプロフィールには「誠実・優しい」と入れていたが、誠実さも優しさもない行動だった。ついでに、twitterマッチングアプリ関連のツイートもほぼほぼ削除した。自らを笑い者にしていたが、そのまま気持ちが引きずられていくのを感じていたからだ。

 1年以上マッチングアプリを続けたが、1人も会うことすらできなかった。アプリを続けていったところで結果が出るとは到底思えない。今思えば、勧誘とはいえ食事に誘うことができた街コンのほうが向いていたのだろう。しかし、このご時勢だからこそマッチングアプリをやる人も多いのかもしれない。私は今後も嫌々ながらマッチングアプリを再開してまた辞めて、ということを繰り返すと思われる。結果は出ず金は他の男女の出会いに貢献するのかもしれない。私は運営にとっていい鴨だ。

 

・・・

反省点としては、メッセージの内容をもっと工夫すれば良かったのかもしれない。また、相手の気遣いに気づいていなかったのかもしれない。全くタイプではない人ともやり取りをするべきなのかもしれない。そもそも諦めたほうが良いのかもしれない。

 

おわり

 

*1:人によっては家事の負担が増えているとかなんとか