走る大福

足りない頭で考えます

結婚相談所の無料カウンセリングを受けた話

 

  前回の記事に書いた通り、マッチングアプリもうまくいかないので、最後の手段、ということで結婚相談所の無料カウンセリングを受けた。入会するかはともかく、とりあえず話を聞くかというノリ。また、人に相談所を薦められることも多いので、どんなものか気にはなっていた。

 

tsurami-686.hatenablog.com

 

 都内某所まで移動し、カウンセリングの時間まで若干余裕があったので、自販機の缶コーヒーを飲みながら心の準備をする。

 相談所は都内の雑居ビルの1フロアにある。相談所に入り、受付の人に何時に予約してた誰々と伝え、検温を行い、小さな個室に案内された。しばらく待つと担当者がやってきた。

 担当者と少し話をした後に、自分の情報やお相手の希望条件等を用紙に書き、また担当者と話をする流れだった。

聞かれたことは下記のとおり。(うろ覚え)

  • カウンセリングを受けたきっかけ
  • この相談所を選んだ理由
  • 現在の活動状況(街コン、マッチングアプリ等)
  • 自分のプロフィール(職業や年齢、出身地、一人暮らしかどうか、趣味等)
  • 希望する相手の条件(年齢、身長、収入、学歴等)

 相談所利用の流れだが、カウンセリング・入会後に、自分でパートナーを検索するか担当者からオススメしてもらい、男女がお互い会っても良いとなったらファーストコンタクトということで喫茶店で30分から1時間ほど話をする。その後、また会っても良いという場合は何度か会って、パートナーシップが成立するといった流れ。

 万が一ダメだった場合は、その理由やアドバイスを担当者から聞ける、らしい。詳細はインターネットで調べるように。

 

担当者から言われたことは下記のとおり。(うろ覚え)

  • (結婚までは考えられていないという私の考えに対して)すぐ結婚でなくとも気軽に始める人は多い。パートナーシップが成立しても、結婚しないといけないというわけではない。
  • 男女比は女性のほうが多いため、マッチングアプリより競争率は高くない。
  • 今の時期はクリスマスに向けてファーストコンタクトが活発なので、すぐの入会をオススメする。
  • 年齢を重ねてから結婚しようとしても、希望の相手と付き合えない可能性が高まるので、今のうちから行動した方が良い。

と、担当者から入会と強く勧められた。モテないので、た、たしかに・・・と思いつつ軽い気持ちでもあったので、今月中に入会するかどうか決めることにした。お仕事だから仕方ないなと思いつつ、ドっと疲れた。ルノーのディーラーでトゥインゴの購入を勧められたことを思い出した。

 自分のような人間はこういったものに頼らないと一生独りではないか、と思う反面、そこまでやる必要があるのか?と思う自分もいる。

 

おわり