走る大福

足りない頭で考えます

それがどうした ぼくポヤチもん

何も成し遂げられずに8月を迎える。宝酒造焼酎ハイボールを飲んで酔っ払いながら記事を書く。

 

 

最近のドライブ

 再び秩父へ。奥秩父をふらふらとうろついて、山梨県への県境ギリギリまで行く。正直このまま山梨県へ行きたかったが、このご時勢ということもあるのでやめておいた。秩父に入ると山が近くで見えるので良い。近くで大きく見える山々を見ると、自然の多いところに来たなという実感が持てる。地元は田舎のはずだったが、囲んでいたのは山ではなく田んぼばかりだったのでそう思うのかもしれない。

 時々自分の趣味・嗜好を考えると自然の多いところで暮らすことが正解だったのではないかと考えることがあるが、一方でフォロワーやクルマ仲間との会いやすさ、労働の賃金の高さ諸々を考えると結局東京やその近辺で暮らすという選択をしてしまう。都会には都会の地獄があり、田舎*1には田舎の地獄があるだろうから、一概にどちらが良いと言うことはできない。自然の多いところの良さは、住まないから良いと思っているに過ぎないのかもしれない。

f:id:tsurami_686:20200802213443j:plain

 

マッチングアプリ近況

 結局前回の記事に書いた異性からは連絡が途切れた。プロフィールを見ると、メインにしていた写真がなくなり、サブにしていた写真がメインになっていたのでアプリ自体に疲れたのかもしれない。

 

tsurami-686.hatenablog.com

  実際、気持ちの整理をすることに4日くらい要したが、やっと気持ちを切り替えられた。うまくいかなかった時の自分のメンタルの凹みを思い出すと、経験の少なさ故か。

 今使っているOmiaiは1ヶ月だけ試しで課金していたが、使い勝手が良くないと感じた点、良いと思った人からの連絡が途切れた点から、withを再度使うことにした。pairsは退会してから1ヶ月経過していなかったため、利用できなかった。

 ひとまず写真の印象が良い人、共通点が多い人にホイホイいいねを投げまくっている。前までは手当たり次第にいいねを投げまくっていたが、マッチングしてもやり取りする気が起きないのでやめた。マッチングは3人で、2人とやり取りをしている。異性から全く質問が来ないのでコンチキショウと思うが、ここはあえて質問をしない戦法を取ってみるのも手か。

f:id:tsurami_686:20200802214134j:plain

一言だけの返事に対して思わず素になり「ぼくドラえもん」をいきなりぶっこむ図

 

おわり

 

*1:秩父は田舎と呼んで良いのか分かりかねるが