走る大福

足りない頭で考えます

誕生日を迎えて

2月23日に誕生日を迎えた。とりあえず、モスバーガーの肉をダブルにしてペロリと平らげ、帰りにショートケーキを買って一人で食べた。クルマに乗って一人で川越までふらっと走ったが、人とクルマが多かったので後悔した。

f:id:tsurami_686:20200224214408j:plain

 

 

クルマ

 私のマーチは今年に入ってから色々なところに手を加えてきた。足回りはショックアブソーバーがオイル漏れをしていたが、純正品は金額が高いため社外品を使うことにした。ショックはKYB NEW SR SPECIAL、サスペンションはヤフオクで安く購入した新古品のTEIN S.TECHを使用した。*1 S.TECHはダウンサスなので車高を下げることになったが、極端に下がらず段差でバンパー等を擦らないので良かった。乗り心地は最初路面の凹凸で突き上げられ、頭が上下に揺れるため賛否両論*2だったが、慣らすために1000キロほど走った後は衝撃を吸収しマイルドになったため、好評だった。

 フロントライトもDEPO製の社外品に変えた。ガラス製のため経年劣化でライトが曇ることもなく、見た目が良くなった。ボロボロのボディに色を塗りたくなった。

f:id:tsurami_686:20200224214503j:plain

 クルマ仲間から「純正シートだと可哀想だから」という理由でRECAROのSP-Gを譲っていただいた。フルバケットシートなので軽量かつ高いホールド性が利点だが、リクライニングができない、乗り降りが不便といったことが欠点。業者にSP-Gを取り付けてもらいクルマに乗り込むと、若干ドライビングポジションが合わない。シートをハンドルに近づけても、ハンドルが遠い。違和感があったため、ハンドルにスペーサーを入れて身体に近づけることにした。

 素人なので取付作業はいつも業者や知り合いにやってもらっていたが、今回はスペーサーや10mmのラチェットレンチ、六角レンチや絶縁テープを揃え、自分で作業をすることにした。バッテリーのマイナス端子を外し、六角レンチでハンドルのネジを回すと簡単にハンドルが取れた。スペーサーは小判のように重ねて長さを調整できるタイプだったため付けることに苦労したが、大きなトラブルや不具合もなく終わらせることができた。ドライビングポジションが合うようになり、シートも相まって運転させるのが楽しい。首都高のコーナーに突っ込んでも身体は安定していた。よかった。作業の詳細を記事にしようと思ったが、ボロが出るので一旦下書きに眠らせておく。

f:id:tsurami_686:20200224214601j:plain

f:id:tsurami_686:20200224214649j:plain

 

f:id:tsurami_686:20200224214953j:plain

 

f:id:tsurami_686:20200224215119j:plain

 クルマ仲間には「ポヤチさんはサーキットに来て走ろう」としょっちゅう言われる。サーキットで走りたいが、ブレーキ諸々に手を入れる必要があるのでしばらく先になるだろう。また、整備諸々覚える必要がある。

 

恋活やら婚活やら友活やら

 前回の街コン以降、嫌になった。新型コロナウイルスも感染が拡大しているのでタイミングが悪い。それらを理由にサボっていたら、メンタルが良くなった*3

 いずれまた動こう、と思ってはいるものの、具体的にどう動けば良いのかが分からなくなってしまった。街コン・マッチングアプリでの成功体験が全くないため自信も喪失していた。下心の出し方も分からないし、相変わらず自分が異性に好かれるところが全く想像できない。異性ウケの良い見た目になれれば良いが、それらが似合うところも想像できない。

 クルマ仲間で集まっていた店も閉店することになったため何か新たに習い事等を始めるべきか、街コン・マッチングアプリをやるか、SNSで探すべきなのか、選択肢はないわけではないが厳しいのだろうなぁとぼんやり考えている。世知辛い。

 

おわり

 

*1:車高調も考えたが、まずは固定式を試そうと思った。

*2:チューニングカーに乗ってきた人からの評判は良く、乗り心地を重視する人からは不評だった。「スターレットにストリートの足を入れたような乗り心地」とのこと。

*3:街でタイプの異性や、カップルを見かけることは相変わらずしんどいが…