走る大福

足りない頭で考えます

久々の街コンレポ(+α)

忘年会

 会社の忘年会の幹事にいきなり指名された。私含めて3人が幹事だったが、1人は辞退していた。ひとまず出し物や景品を考えてあーでもないこうでもないと意見を出し合って内容を固め、無事忘年会は終了した。*1

 来年は忘年会自体欠席しようと思った。

 

久々の街コン

 どうやら需要があるらしいので、書いておく。

 マッチングアプリが全くうまくいかないので、久しぶりに街コンに参加することにした。写真やプロフィールだけでなく実際に話せばうまくいくのでは・・・という淡い期待から街コンに参加申し込みしたが、申し込んだ翌日に過去参加してうまくいかなかったことを思い出した。今までは連絡先交換後あまり積極的になれなかったということもあったので、前回の反省点を念頭に街コンに臨んだ。

  • 金額:6900円
  • 形式:数人ごとに着席して話をした後に移動する。移動はフリー。
  • 場所:都内某所

 会場の近くに着いて手汗が出たり少し吐き気を催すが無事に会場入り。会場は運営会社が所有しているテナントだったが、場所は分かりづらかった。

 異性だけでなく同性にも話を振ったり、最初に「自己紹介やりますか」と切り出したり、とわりと気を遣ったつもりではいる。とはいえ、話を振ってもなかなか会話が続かない人もいた。疲れた。

 今回の特徴としては移動が「フリー」ということ。他の街コンでは順番に回っていくことが多かったが好きな席に移動できる。今回はそのことに戸惑いを感じた。部屋が二つあり、いきなり別の部屋に行くのも他の異性になんだか失礼だな、と思い自分はテーブルを順番に回った。今思えばそんなこと考えずに気になる人のところに行くべきだったかもしれないが。時間の関係か、全ての異性と話すことはできずに終わってしまった。

 最後の移動は異性も自由に移動できる、という謎ルールだった。最後の移動のとき、既に仲良くなっている男女が立ちながら談笑しており、それを見たときに既に差がついているという悲観的な気持ちに襲われた。

 事務的に連絡先を交換し、二次会に行く男女を横目に会場を退散。モテない同性と話をしつつ駅まで移動し、解散後は池袋に行って一人で酒を飲んだ。酒を飲みつつ、話をした異性や気になった異性にお礼のメッセージを送った。*2

 返事が届いた後、どう返事するか悩んだものの、会話のラリーをするためにも相手について質問をした。しかし、返答が一言だけで終わる人もいて、私への興味のなさがあからさまに伝わってくるようであった。やり取りするだけ無駄に感じ、既読無視をキメた。

 あまり話せなかった別の異性からメッセージが届いたので、自分の特徴を伝えると「覚えていない」と返信がきて一気に脱力感に襲われた。話せなかったので仕方ないですよ、とフォローしつつこの人はもう連絡しなくて良いか、と判断。

 

 うまくいかないことはある程度予想していたものの、予想以上にうまくいかなかった。異性としては参加費も安いので私の同性よりも街コンに参加しやすく、出会いも多いのかもしれない。また、他の魅力的な同性もいる中で興味のない私から連絡が来ても、どうでも良いやつからのメッセージは迷惑なのかもしれない。誰が悪いとかそういった話ではないが、結果としてはしんどさが残った街コンだった。

 見た目や振る舞い、話の内容を気をつけてもうまくいかないので、気持ちが腐るなぁ、と思いつつキーボードで文字を打ち込んでいる。別の手段をとるべきか、愚直にやっていくのか悩む。他にも色々思うところはあるが、愚痴になるので書くのはやめておく。

 

おわり

 

*1:私はひとまず無難なものを、というスタンスだったが、相方は嫌々ながらも盛り上がるかどうか真面目に考えていた印象。

*2:異性が私に興味を持ってくれたという確証はなかったものの、送らないことには始まらないので送るしかない。