走れ赤福餅

足りない頭で考えます

西野カナのドームライブに行ったオタクの話

ブログではお久しぶりです。

みなさんはお元気でしょうか。

私は転職したり悪いお友達のクルマに乗せてもらってキャッキャと喜んだりレンタルカートのレースに出たり酒を飲んでヘラヘラする日々を過ごしております。

 

さて、突然ですがオタクの皆さんは西野カナのドームライブに行ったことがありますか?

 

俺はある。(イキりオタク)

私はアニメの視聴はガチオタクほど熱心ではないけれど、オタクを抜いたら何もない人間です。

現在放映されている「ヲタクに恋は難しい」のあらすじを読んで「ヲタクではなく漏れに恋が難しかったのか・・・」と憤る面倒な人間です。

 

一方、西野カナといえば若い女性を中心に人気を集める歌手の一人。

恋愛を一度もしたことがなく、毎晩dlsiteの幼児退行音声作品でフヒフヒしている私のような人間にとっては違う世界の人に感じます。

 

そんな私がなぜ西野カナのライブに行ったのかと言うと、趣味の場の友人から「一緒に行く予定だった人が急に行けなくなってチケットが余ったので、一緒に行きませんか?」とお誘いを受けたからという何とも普通な理由です。

最初は西野カナと聞いて躊躇しましたが、今までアニメのイベントでオタク棒を振り回したり、バンドのライブで腕を振り上げるぐらいしか経験していなかったので、社会勉強だと思って西野カナのライブに行きました。男二人で。

 

 

 行った感想を結論から言いますと、

 

めっちゃキラキラしとる…

 

という感想です。

一方、「あ、ここオタクイベントでもあった」という瞬間がちらほらありました。

 

これが行ったイベントです

www.youtube.com

 

こんな記念すべきイベントにdlsiteでシコるオタクが行って申し訳なくなった

 

長々と書いていこう、とも思いましたが私も早く寝たいと思ったので簡単に書いていきます。動画を見てもらえればどのような様子か簡単に分かると思います。

 

西野カナのライブのここがすごい!

1.エネルギッシュな西野カナ

オタクばかりが集まるインターネットの一部分では、「震える」でネタにされていますが、震えるどころか歌い続けても歌声からは疲れた様子は感じられませんでした。日々の労働で潰れていた私が情けなくなりましたね、えぇ。(前職の上司は早く降格してほしい)

友人の車の中で西野カナの曲はちょくちょく流れていましたが、歌い続けてもCDの音源とほぼ変わらない歌声だったと思います。

衣装をコロコロ変えたり、ライブパフォーマンスでダンサーと一緒に踊ったり、ムービングステージで動き回っていても疲れを見せなかったので本当にすごい人だと思いました。

 

2.圧倒的女性率、しかし…

当然ながら女性から支持を集めているアーティストなので、観客のほとんど女性です。普段野郎臭いオタクライブに行くことが多かったのでちょっとしたカルチャーショックでした。西野カナが登場すると隣の女性客の「キャー!」という叫び声で鼓膜が破れそうになりました。。。

中には男性もおり、付き合っている女性と一緒に行く男性、手作りのパネルを持ってライブに参戦する西野カナ ガチオタクがいました。後者にはほんの少し親近感が湧きました。

西野カナのライブでは西野カナのライブ衣装のコスプレをした女性もちらほらおり、ファンや男性はコスプレした方と一緒に記念撮影をすることが多いです。簡単なコスプレをする方もいれば、かなり気合の入った方もいます。友人と一緒に記念撮影をさせてもらいましたが、流石に恥ずかしかったです。

 

3.オタクライブとの共通点

・チューリップの形をしたオタク棒を持たせられる

・ガチ恋オタクっぽい男がいる

西野カナが水を飲むと「お水おいしい~?」と必ず言う

 

と、いう感じで西野カナのライブはわりと楽しめました。根暗の私には眩しいイベントでしたが、一度くらいは行ってみるのも悪くない?

 

色んな人に好きなものがあり、それに情熱を注げる瞬間というのはとても良いと思います。

 

私も、もっとdlsiteの音声作品に情熱を注げます。

 

 

おわり