走れ赤福餅

足りない頭で考えます

ロボット工場

前回の記事を書いてから148日も経過していた。

ひとまず、近況報告。

 

・マーチ

23年前の日産マーチは未だにエンジンがかかり、元気に走る。エンジンオイルがオイルパン(エンジンオイルをせき止めるお皿)から滲んで軽く漏れてはいたものの、致命傷ではないのでオイル交換時に漏れ止めの添加剤を投入している。今後修理する予定。

9月に納車してから色々なところに行った。秩父狭山湖・相模湖・首都高・静岡・山梨・静岡・蔵王筑波山奥多摩等・・・既に5000キロ近くは走っていた。

運転そのものが好きなので、休日はほぼクルマを出す。運転して経験を積んでいくと、今までできなかったブリッピングやヒール&トーができるようになり、以前よりも意のままにクルマを操ることができてより楽しくなる。クルマを運転しているときは自分を唯一好きになれる瞬間なのかもしれない。

クルマはどんどんハイテク化していき、性能や馬力もどんどん上がっているが、今のところそういったクルマへの興味が薄い。金銭的にも楽しさを考えても、小さなMT車が個人的には一番良いかもしれない。今後乗り換えるということがあったら、小さなMT車を選びたい。

 

・その他

クルマの運転は楽しいが、それ以外の私生活はうまくいっているとは感じていない。

結婚する同級生が増え、孤独感を感じて辛くなってきたので街コンのサイトをぼんやりと眺めることが増えた。ただ、自分のことが好きでない人間が赤の他人にアピールするというのはかなり難しいことのように思える。

今まで異性に異性として認められたという成功(?)体験が一度もないことが24歳にもなって引きずり続け、人生が空虚なものに感じさせる。そういった今までの人生の積み重ねが現在に圧し掛かっているということが身に沁みている。未だに他の人間は異性に認められることをなぜ簡単にやってのけるのか、分からない。

最近やっと英語の勉強を始めた。英語にきちんと触れるのは大学以来で、昔は分かっていたことも今は分からないことがある。少しずつでも良いから着実に積み重ねていきたい。

国家が私腹のために不正を続け、信用に値しないものになり没落していくのが目に見えているのならば、自分でやれることはやっておくに越したことはない。「他に選択肢がないから」という理由で不正を続ける政党に票を入れ続けるのなら、それはとても愚かなことで私はそのような人間にだけはなりたくはない。

変化について

「俺をママにしてくれ」というタイトルはなんだか飽きてきたため、「走れ赤福餅」というタイトルに変更した。
自動車評論家の熊倉重春氏がルノー トゥインゴ ルノースポールを紹介した際、小さな赤いクルマだったため「走る大福、赤いから伊勢の赤福」と称していたのがとても面白く感じた。 私のクルマも小さな赤いクルマだからタイトルには丁度良いじゃないか、と思ったのがタイトルの安直な由来だ。


ルノー・トゥインゴ ルノースポール(前編)-商品概要紹介


小中高の頃は考えたことがなかったが、大学に入学してから自分を変えることを意識していたように思う。

大学時代は偏差値のコンプレックスからひたすら政治学を勉強した。また、大学の友達が極端に少なくサークルも入り損ねた。このままではまずいと人見知りの克服と友達・恋人を作るために苦手な接客業のアルバイトをした。
どちらも良い方向に変われたか、というと自信を持って変われたとは言えない。

大学の勉強は視野が広がったことや学内の成績が優秀だったことは良い結果だったと思う。しかし、結局は「井の中の蛙」であり社会にとっては有益な人材にはなり得なかったため就職活動では苦労した。
大学で学んだことは私の財産だと思う反面、独り善がりな努力をしていたのかもしれない。
アルバイトに関しては仕事をこなせるようになり人とも話せるが、根暗な性格は治らず新たな友人や恋人ができないまま就職を迎えた。

人は変われると信じてはいるが、自分の根っこの部分は変えることがなかなか難しい。
最近は恋人を作ろうとマッチングアプリで奮闘したが、必要以上に自分を良く見せる世界に疲れて辞めてしまった。


とはいえ、このまま終わるのも癪であるのも事実。
これから変えていきたいことも多い。

・勉強と読書をする。
恥ずかしながら、学生時代は語学に力を入れるということをしなかった。(就活に苦労した原因の一つかもしれない…)
このまま日本に居続けるというのも不安であるし、海外のメディアや論文を読むためにもまずは英語を勉強する必要があると考えている。語学以外にも、政治学への理解を深めていきたい。また、プログラミングも少し触ってみる必要がある。
図書館を今まで利用していなかったが、ただ税金を払うのもまぬけなので積極的に利用していきたい。

・身体を絞る
働きだしてから、アルコールの摂取量が増えたせいかお腹が出てきて周りから「太ったね」と言われることが増えた。
自分自身のお腹は気になることに加え、趣味で出場しているレンタルカートのレースにおける予選でも重くなった体重がタイムに影響している。
改善するために数日前から筋トレサポート用のアプリをスマートフォンにインストールして休息日以外はトレーニングを続けている。
まずは、継続させていきたいと思う。

・クルマの部品を変える
ホールドしない純正シートから、よりホールドするセミバケットシートに変えて運転時の疲れを軽減させたい。
いずれはサーキットを走らせたいと考えているので、デファレンシャルギア、サスペンション、ブレーキ、タイヤ、ホイールも変えられると良い。


書き連ねただけで、ほとんどは行動に移せていない。過ぎていく時間には焦るが、自分のペースで続けていくことをまずは意識したいと思う。
今のようにただ労働をして10年経ちました、というのが一番こわい。

ドライブ

クルマを納車したは良いものの、クルマで行きたい目的地は案外思い浮かばないことに気づいた。

夜の首都高速をのんびり一周したり、ゆるやかな峠道をワインディングしたり、遠出したいと思うものの時間や予算的に厳しいときもある。
今は、出張費(給料日に振り込まれる)で所持金が厳しい状況なのでETCのないクルマで高速道路で遠出するわけにもいかず、夜の首都高速は週末の場合違法な速度でイキるスポーツカーがうじゃうじゃいて危険だ。

そんな状況だがせっかく買ったクルマを置物にするわけにもいかなかったため、4連休中は二度ドライブに行った。


金曜日の9月14日は休みをとっており、新車の試乗の予定が入っていた。
今のクルマを買う前に申し込み都合がつかずにキャンセルしたが、営業から電話がかかってきたため流れに任せて申し込んでいた。
正直、公共交通機関で行こうと思っていたがのんびり過ごしていたらクルマでないと間に合わない時間になってしまったため、ドライブする形になった。

自分のクルマを運転した後に、新車を試乗して強く感じたのはボディの剛性感があり、足回りもしなやかということだ。
20年落ちの自分のクルマは、ボディから軋むような聞こえ、ちょっとした路面の段差では少し突き上げられる。否応なしにクルマの進化を感じさせられた。
今のクルマはとても気に入っているが、もしクルマを乗り換えるなら試乗したクルマに乗り換えるかもしれない。ただ、今後の不透明な人生のことを考えると今のクルマのままでも良いのではないか、とも思う。


9月15日と16日は運転しなかった。
15日はフリクリ オルタナを見た。ネットでの評判は良くなかったが、案外そこそこ楽しんでいる自分がいた。ただ、フリクリ オルタナフリクリか?と聞かれると首を横に振ってしまう。
16日は南池袋公園で昼間から酒を飲んだ。カップルや親子連れでにぎわい、私のような根暗な独身には不相応な場所だ。
成城石井でビールとサワーを買い、嬉々と公園で缶を開けて飲んだが、得られたものは虚無感と頭痛だけだった。


本日9月17日は運転をした。
部屋を掃除し、布団を干し、筋トレをして、気分が少しスッキリした後に目的地を決めて出発した。
遠すぎず、近すぎず、と吟味して、飯能市の山沿いにあるコンビニへドライブした。
渋滞や大雨で正直どうなることかと不安にはなったが、1時間10分ほどで無事到着した。
たった1時間10分とはいえ、クルマのシートの形状により身体に力が入った状態での運転だったためそこそこの疲労を感じていた。微糖の缶コーヒーと焼プリンを口にした後、1時間20分ほどかけて戻った。


不透明な人生への不安を少しでも忘れることができる充実した連休だったと思う。

ただ、やはりこのままで良いのか…?というありがちな漠然とした不安は拭えないようだ。モノで解決できるほど、人生は甘くない………楽しいけれど。

オタク、車を買う。

8月上旬、車趣味の友達から「面白い車があるから見に行かないか」と誘われた。
ちょうど気になっていたルノー・トゥインゴの試乗のついでに、という軽い気持ちで誘いに応じ、車を見に行った。

車を見に行くと、そこにあったのは今はすっかり見かけなくなったK11マーチだった。
車の特徴としてはK11マーチでもホシノインパル仕様の「インパルマーチ」であり、イチローも改造されたインパルマーチに乗っていたことがある。価格が安いわりに台数の少ない希少な車だ。

ボロになった外装、K11マーチの丸っこくて愛らしいフォルム、愛らしさに反するような勇ましい(不恰好な?)エアロパーツ、MTの気持ちのいいシフトフィール、レスポンスの良いアクセル、そして変態な車というところに惚れ込んでしまった。
車を見た後に車友達と長時間話し合ったり色々な人に相談して考え悩み抜いた結果、車を買うことにしてお店に「買います」と電話した。
後日車の書類を書くためにお店に行くと、車に「売約済」と紙が貼られており「ついに車を買ってしまったか」という高揚感があった。

カーシェアリングや自動運転がある時代にABSも自動ブレーキもない外装ボロボロな車を買うという行為はきっと時代錯誤かもしれないが、車好きな人間にとっては嬉しい瞬間である。
車のEV化や自動化はよく言われており、今後は内燃機関MT車はどんどん減っていくと思われる。これからの車も楽しいものだろうし、今の車も楽しいが、こういった古い車を安く楽しめる(維持がきっと大変だが…)というのも、まだ死ねない理由の一つだ。

西野カナのドームライブに行ったオタクの話

ブログではお久しぶりです。

みなさんはお元気でしょうか。

私は転職したり悪いお友達のクルマに乗せてもらってキャッキャと喜んだりレンタルカートのレースに出たり酒を飲んでヘラヘラする日々を過ごしております。

続きを読む

レジャーランド厚木 その2

この記事は前回のレジャーランド厚木 その1 - 俺をママにしてくれの続きである。

前回記述したとおり、この記事ではレジャーランド厚木で遊んだレースゲームの感想を述べていきたいと思う。さらなるゲームの詳細は自分で調べてほしい。

 

スリルドライブ2、スリルドライブ3

かつてコナミが稼動していた有名なレースゲーム。このゲームは個性豊かなレトロなレースゲームの中でも、特に個性的と言えよう。一般車両も走るヨーロッパ、アメリカ、日本の公道でレースを行う。公道での危険な運転に事故は付き物であり、このゲームでは事故を起こせば大きな悲鳴と共に、その様子が事故の種類、被害金額と共に数回リプレイで流される。思いもよらぬ方向から車が現れ避けきれずに衝突、クラッシュしたライバル車に衝突、後ろからの衝突、港から転落といった様々な事故がプレイヤーを待ち構えている。事故を避けるためには慎重に走らなければならないが、レースをやっているのでライバルよりも速く走る必要もある。時には事故を恐れぬ大胆さが必要となるだろう。また、プレイヤーの運転によってゲーム終了時の評価が変わるのも面白い。

「レースゲームなんてグルグル回っているだけじゃないか」という方や、「マリオカートしかやらない」という方は見かけたら一度遊んでもらいたい。簡単なゲームとは言えないが、公道での危険な運転や小型の車から大型車両といった豊富な車両など、アーケードのレースゲームにはない、面白い体験ができるだろう。

 

D1グランプリアーケード

実際に行われている、ドリフトの技を競い合うモータースポーツである全日本プロドリフト選手権(D1GP)が題材のタイトーが稼動していたレース(?)ゲーム。実際の競技が題材なため、登場する車両も実際に競技で活躍したものが登場する。D1グランプリがスピードやタイムを競い合うものではなく、ドリフトを競い合うので、ゲームもドリフトがメインとなる。ハンドル、アクセル、ブレーキ、ハンドブレーキを駆使してドリフトの状態に持ち込み、指定された部分をドリフト走行していくとスコアが上がっていくようなゲームだ。一台でドリフト走行をするモードもあれば他の車と一緒にドリフト走行をするモードもあるようだ。

個人的にはD1GPはモータースポーツの中では好きではないのだが、かなり楽しめたゲームだ。ドリフトができるとやはり楽しい。難点としては、あまりにもニッチすぎる、ということだろうか。純粋に速さを競うものではないので、とっつきにくさはあるのかもしれない。

 

・デイトナUSA2

これをやるために厚木まで行った。アメリカで大人気のモータースポーツであるNASCARが元ネタのセガが稼動していたレースゲーム。また、一作目の光吉猛修氏の歌を連想する人も多いだろう。これはその2作目である。車種が一作目よりも増え、コースは初級、中級、上級に加え、その3つを繋げたMIXコースもあり、パワーアップしたと言える。

通常は初級コースが8周、中級が4周、上級が2周走るのだが、レジャーランド厚木ではエンデュランス(所謂耐久レース)に設定されており、初級40周、中級20周、上級8周、しかも燃料とタイヤを消耗しながら走ることとなる。燃料の減少とタイヤの磨耗があるため、どのタイミングでピットインするかを考えながら、尚且つ集中力を切らさずに走らせる必要がある。通常でプレイしたことのある方は、必ず一度、初級で遊んでもらえたら、と思う。なぜなら、コース上にクラッシュ等の危険な状況が存在すると振られるイエローフラッグが振られ、ペースカーを先頭に隊列を整えて走る光景を見ることができる。このときがピットインのチャンスであると共に、ゲーム内では新鮮で面白い光景なのだ。それを抜きにしても、個人的には雰囲気、音楽、車、コースと気に入っているゲームであり、とてもオススメだ。

 

NASCAR ARCADE

デイトナUSA同様、セガが稼動していたが、今度はNASCARそのものが題材となっている。1999年のNASCARの選手と車両が収録されており、挙動もよりリアルとなっている。また、NASCARというモータースポーツの性質上、ドラフティング(スリップストリーム)がより重要となっていると思われる。一見オーバルのコースをただぐるぐる回っているように見えるだけでも、実際はライバル車など(NASCARでは同じチーム同士が協力し合うこともある)のケツにピッタリとくっつくといった駆け引きがあり、面白い。また、故意ではなくとも接触してライバル車が外に膨らんでクラッシュさせることが可能だ。

難易度は高く、ハンドルも重いが、完成度が高く面白いゲームに仕上がっている。

 

これらが、レジャーランド厚木で遊んだレースゲームだ。他にも二つほど遊んでいないゲームがあるため、またいつか行ったときにでも遊ぼうと思う。

ゲーセンのために遠い厚木までわざわざ行ったのだが、個人的にはそれを上回る充足感を得ることができた。レトロなレースゲームなんて人生で役に立つこともなく(ゲーム全般がそうだが)また筐体や同好の仲間も少ない。面倒な人間なので秋葉原でデイトナUSA2を夢中になって遊んだ後に「これがいったい人生に何の役に立つんだ」と本気で悩んだこともあったが、古いゲームはいつなくなるか分からない。やりたいな、と思っていた翌日にはなくなっているのかもしれない。ならば、悔いの残らないようにたくさん遊ぶのが一番だろう。やらずに後悔よりやって後悔するべきだ。そんなことを再認識した一日であった。

レジャーランド厚木 その1

葉原のクラブセガ新館のデイトナUSA2、セガラリー2、F355チャレンジが撤去され、スリルドライブ3やgti clubがあった池袋のゲームセンターは潰れるという、レトロなレースゲーム好きにとってつらいことが立て続けに起きた。

高田馬場には新しくデイトナUSAが入ってとても楽しんでいるものの、一日に2000円をデイトナUSA2につぎ込んだ学生時代を懐かしみ、またやりたいと考えていた。


そんな中、神奈川県のレジャーランド厚木にデイトナUSA2の筐体がある、ということを知り、昨日片道約2時間かけて行ってきた。


新宿から小田急線に乗り、本厚木で降りて慣れない路線バスに乗るとアンリツ前にレジャーランド厚木はある。


複合施設の2階にあるレジャーランド厚木は最新のゲームから懐かしのゲームまで、多種多様なものを揃えており、小さい頃に遊んだようなバッテリーカー諸々があり、懐かしさを感じた。


お目当のデイトナUSA2は、湾岸ミッドナイト頭文字Dバトルギア4TUNEDと同じところにあると思われたが、実際は奥のキッズコーナー近くにある。

ゲームを探して歩き回っていたら、秋葉原で撤去されて以来、見ることが全くなかったデイトナUSA2を久しぶりに見て、暫く会っていなかった恋人と再会するような気持ちの昂りを感じた。しかし、恋人は一度もできたことがない。


f:id:tsurami_686:20160505102534j:plain


デイトナUSA2が一番の行った理由ではあるものの、隣に映るNASCAR ARCADEなどのレースゲームにも興味があったので、色々なゲームで遊び呆けていた。折角なので、遊んだゲームの感想を次の記事で書いていこう、と思う。